オムツ替え タイミング

MENU

オムツ替え タイミング

おしっこ おむつ替えのタイミング

 

うんちのときはすぐにおむつを替えるけど、おしっこの時はどうしたらいいの?

 

体験談

 

おむつ替えのタイミングがわからな〜い!!

 

はじめての育児がいよいよ始まり、わからないことだらけ!なかでもおむつ替えのタイミングがよくわからず悩んだものです。

 

赤ちゃんは肌がデリケートでかぶれやすいので、頻繁におむつ替えをしなければならないと聞いたので、新生児の頃は本当に頻繁におむつ替えをしていました。時には起こしてまでおむつを替えることも…。

 

うんちをした時はすぐ替えるのですが、おしっこの時に替えるタイミングが難しくて…

 

本当に最初はなぜ泣いているのかもよくわからず、おむつを替えても、ミルクを飲んでも、抱っこをしても泣き止まなかったため、濡れていないおむつをかえてみたり、パニック状態。

 

泣き止まない赤ちゃんを前にして、もうどうしていいかわからず、おむつもいつ替えたらいいのかわからなくなりました。

 

そこで、検診の時に先生に訪ねてみることにしました。

 

すると

 

そこまで神経質になる必要はないよ〜!
肌に異常がないなら、泣いた時とか授乳前とか起きた時のタイミングでチェックして帰れば十分だし、わざわざ起こしてまで替えなくてもいいよ〜!

 

と教えてくれました。

 

またおむつ替えの時は肌の様子をチェックしてあげるようにし、赤くなっていたり、下痢をしている時などは頻繁に替えてあげたほうがいいそうです。

 

それからは、おむつを替えるタイミングもわかってきて、ただ眠くて泣いているということもわかりました。

 

なぜ泣いているかわからない時期は、おむつ替えのタイミングはなかなか難しいですが、あまり神経質になる必要はないというのを聞いてホッとしました。

 

これからも肌の様子のチェックをしながら、おむつ替えをしようとおもいます。

 

 

小児科専門医の話

 

日本小児科学会小児科専門医 有明こどもクリニック 院長 小暮裕之 先生

 

小暮先生によると、おむつのおしっこサインをチェックして、色が変わっていたらすぐにおむつを替えるのが基本なんだそう。

 

おむつ替えのタイミングは、基本的には授乳の前後やねんねから起きたときにチェックしてあげるとよいそうです。

 

また、新生児や月齢が低い時期は頻繁にチェックし交換した方がいいそうですが、あまり神経質にならず、泣いたらおむつをチェックし、濡れていたら交換すれば十分だそうです。

 

おむつ替えのタイミングについて

 

オムツ替えのタイミング

 

赤ちゃんの肌は、皮膚が薄くデリケートでかぶれやすいです。そのため、授乳の前後やねんねの後に、おむつのおしっこサインを確認して、色がかわっていたらおむつ替えのタイミングです。

 

新生児や月齢が低い時期は頻繁に

 

新生児や月齢が低い時期は、排尿回数がとても多く、蒸れやすくかぶれやすいです。でも新生児や月齢が低い時期の赤ちゃんは、排尿前後に泣かないことが多く、おしっこをしても気付きにくい場合が多いため、特に頻繁にチェックが必要です。

 

神経質になりすぎなくていい

 

頻繁にチェックしなければならないとはいえ、神経質になりすぎてしまう必要はありません。授乳とねんねを繰り返しているような時期は、あまり神経質にならず、泣いたらおむつをチェックし、濡れていたら交換を。

 

こんな時は…

 

肌が赤かったり、風邪や熱など体調が悪い時、下痢や軟便が続く時、座る姿勢が続いたような時などは、おしっこやうんちの刺激をうけやすいため、おしっこサインに関わらず、頻繁に肌をチェックしてあげることが大切です。

 

オムツ替えのタイミングは

 

新生児や月齢が低い頃は、頻繁なおむつチェックを心掛け、神経質になりすぎないようにしましょう。

 

授乳やねんねから起きたタイミング、泣いたときにおむつをチェックし、濡れていたらすぐに交換してあげましょう。

 

おしっこやうんちを放置しておくのはNG!!

 

赤ちゃんはかぶれなどの皮膚の異変を、自分で伝えるのが得意ではありません。

 

なのでおむつ替えの時には、肌の状態を忘れずにチェックしてあげましょう。