おむつ 処理

MENU

おむつ 処理

おむつの処理には防臭袋BOS

 

離乳食が始まった赤ちゃんのうんちおむつの臭い…。

 

うんちおむつには防臭袋BOSがおすすめ!

 

おむつ

 

■ゴミ捨て担当の主人も大喜び!

 

出産準備でおむつ専用のゴミ箱を購入しました。

 

新生児の頃や、離乳食が始まるまではあまり問題はなかったのですが…。

 

離乳食がはじまるとびっくり!!

 

お部屋に置いておくのは少し抵抗が出てくるようになりました。

 

それにカートリッジは意外と高くて困っていました。

 

我が家はマンションで、ゴミ捨ての担当は主人。

 

使用済みおむつの入ったうんちの臭いのするゴミ袋を持ってエレベーターに乗るのは、かなり抵抗があるとのこと…

 

どうにかおむつを処理するのにいい方法はないのかとネットで検索していると防臭袋BOSを見つけました!

 

使い方も簡単で、うんちをそのまま捨てても臭わないのでびっくり!!

 

菌も通さないとのことなので、こどもがノロウイルスになった時の、うんちおむつの処理の時も助かりました!!

 

主人もその防臭効果には感動!

 

はじめから防臭袋BOSを買っておけばよかったです。

 

■防臭袋BOSの誕生

 

防臭袋BOSは、医療向けに排泄物を人工肛門から受ける袋を製造してきたメーカーが、長年培った技術を活かし、改良を重ねて作られたものです。

 

おむつ

 

日常生活で身体に直接装着して使われるので、高度な防臭力はもちろん安心・安全で音がしにくい素材でなくてはなりません。

 

この開発で培った技術を活かし、「驚異の防臭素材BOS」が作られました。

 

また、人間が最も敏感に感じるうんちの臭いを対象に、防臭実験をしたところ5分後・10分後・数時間後・2日後…7日後、臭いは検出不能だったそうです。

 

使用した約9割の人が臭いが漏れない!と評価されています。

 

どんな袋でも、臭いは通過します。BOSも同じで、全く臭いを通さないわけではありません。でも、BOSは鼻を近づけても、ほとんどの人がうんちの臭いを感じません。なぜでしょうか??

 

●防臭袋BOSが臭わないひみつ

 

「嗅覚閾値(きゅうかくいきち)」といって、人間には臭いとして感じることができる限界があります。

 

臭い成分の濃度がこの嗅覚閾値を越えると、人間は臭いとして感じることができるようになります。

 

おむつ

 

なので、嗅覚閾値まで臭い成分の濃度が上がらないと臭いがあっても、人間にとっては 無臭なんです。

 

実は完全に臭いを防ぐという袋はありません。

 

防臭袋BOSは、臭いが漏れるスピードが非常に遅くなるように設計されていて、袋から漏れた臭い成分はごく少量で、嗅覚閾値を超える前に拡散して、臭いを感じないようになっています。

 

防臭袋BOSは、ほとんどの人が鼻をくっつけても臭いを嗅いでも、うんちの臭いを感じません。

 

■防臭袋BOSの特徴

 

 

@とにかく臭わない!

 

他の消臭袋に、赤ちゃんの使用済みおむつを入れると、数時間後には60%前後の人が「臭う」と感じたのに対し、BOSは3日たっても100%の人が「臭わない」と回答されました。

 

とにかく防臭効果はバツグンです。

 

おむつ

 

A菌も通さない!

 

赤ちゃんの使用済みおむつで気になるのは臭いだけでなく衛生面もですよね。

 

防臭袋BOSは、臭いはもちろんも菌も通しません。

 

なので夏場やノロウイルスやロタウイルスに感染した時のおむつを密封するのにもおすすめです。

 

Bオムツ専用ゴミ箱がいらない

 

防臭袋BOSは臭いがもれず菌も通さないためオムツを捨てるゴミ箱がいりません。

 

オムツ専用ゴミ箱は、スペースもとりますし、カートリッジを買わなくてはいけない場合、費用もかさみます。

 

防臭袋BOSは専用のゴミ箱も必要なく、いつものゴミ箱に捨てることができるのでとっても手軽です。

 

C使いやすい

 

防臭袋BOSは、一枚ずつ取り出しやすい、袋も開けやすい、結びやすいため、育児に忙しいママも簡単にオムツ処理ができます。

 

■使い方がすごく簡単!

 

1)いつものようにオムツ替え。

 

2)防臭袋BOSに使用済みのオムツを入れる。

 

3)ねじって結んで密閉する。

 

単純に使用済みのオムツを入れて結ぶだけです。

 

おむつ

 

●うんちも一緒に処理できる

 

うんちが固形になってくると、うんちだけはトイレに流すというママもいますが、その必要はありません。

 

うんちがゆるい時や、外出先などのとき、うんちも一緒に処理できるので非常に便利です。

 

もちろん臭うことはありません。

 

●経済的な使い方

 

・防臭袋BOSのSサイズ

 

商品説明ではSサイズには赤ちゃん用おむつ一個とありますが、新生児用のおむつだと4〜5個、SサイズMサイズのおむつでは、余裕を持ち3個は入ります。

 

袋を留めるプラスチックのお菓子の袋を止めるもので仮にしめておいていっぱいになれば口を縛り捨てます。

 

 

・防臭袋BOSのロングサイズ

 

ロングサイズはオムツを1つ入れるごとに結ぶことができ、一袋で3〜4個を捨てることができるので経済的でかなり便利です。

 

多くのママがそのような使い方をしているようです。

 

でも袋が閉じられないほど詰めてしまうのは臭いが漏れてしまうので注意しましょう。